転職情報

これが正解!転職時の面接でのマナーをまとめてみました。

はじめに

社会人の52.5%が、転職経験あり。この数値をご存じでしょうか。
長く務めることが美徳とされていた風潮がなくなりつつある現在
体験することに時間やお金を使い、仕事ですらも自分の糧にしていこうと
転職をする人が増えているそうです。

社会人を経験しているということが面接官の目にはどう映るのか・・・
履歴書を見て・学科試験の成績を見て・あなた見てさらに直接話をして
新卒の受験生を面接するよりもはるかに期待値が高いのです。

生きた経験を自社に生かしてくれるかもしれない
即戦力になる人材である可能性が高いかもしれないと、
あなたのことが色眼鏡に映ることでしょう。

転職時の面接マナーというのは、一般的に言われていること、以外に
転職経験者ならではの視点と経験がある分、求められている回答も変わります。

新卒学生にはない視点と、型にはまりすぎない気の利いた面接マナー
身に着けることが転職経験者が合格へ近づく最良の方法なのです。

そこでこのサイトでは、転職時の面接でのマナーをまとめてみました。

転職経験者が合格しやすい転職先とは


それは、相手が何を求めているかを知ることができれば、それが答えになります。
なのであなたが行きたい職場を合格しやすい職場に変えるために徹底的にリサーチしていきましょう。

例えば、この3つのタイプです。

A社・新規事業の立ち上げが迫ってきているが社員が足りない

B社・仕事を増やしたいので営業を増やして仕事の契約をもらいたい

C社・顧客満足度を上げるために営業中の店舗へ人員を補充したい

まずは、その会社が何を求めているのかをリサーチするということが必要です。
そうすれば、あなたが就職したい職場が合格しやすい職場に変わってくるでしょう。

具体的に

先ほどの例えを例にして具体化していきます。

・新規事業の立ち上げが迫ってきているが社員が足りない

A社の場合、会社としては既存の社員を新規プロジェクトチームに配属します。
そうすると、既存のサービスを管理する人員が減ってしまうので補充したい。
だけど、既に軌道に乗っているサービスなので少し経験があればいい、
やる気があればいい、経験者なら少しは助かるがどちらでもよいとなるはずです。

それであれば、先輩社員と仲良く仕事を進めてくれるような協調性のある人材を求めているかもしれません。

もちろん総合的にいい人材を確保することは念頭にありますが、

『相手が何を求めているかを知ること、考えることが転職経験者の面接対策になるでしょう。』


・仕事を増やしたいので営業を増やして仕事の契約をもらいたい

B社の場合、同じサービスを行っていく予定で人員を追加するということは、売り上げは右肩上がりのはずです。
そして面接の目的は仕事の契約をもらうことができるかどうか。

アパレル関係であれば、センス
保険なら継続してきた過去の実績から忍耐や継続力
物販であれば自分のことを伝える能力と商品の良さを伝える力と仮定するでしょう。

『このように求められる能力をリサーチしておくことが重要です。』

・顧客満足度を上げるために営業中の店舗へ人員を補充したい

C社の場合、この場合はお店へ行き同じサービスを受けることです。
同じことができれば即戦力になれますし、この様なタイプは既に忙しい状況であることが多いので
忙しくて教育面で手が回らないことがあります。なので実戦経験や内情をよく知っているという即戦力が求められます。

お店で受けたサービスができるまたは、経験があることを伝え

『あなたの経験や知識がその会社にあっていることを伝えましょう。』

それでも必要な最低限のマナー

社会人にとって「あいさつ」は絶対にできないといけない当たり前のことです。
それと同じように、面接でも絶対にしなければならないことマナーがあります。

入室時の挨拶、相手の目を見てはっきりと話す、質問に的確にこたえるなどです。
どこのサイトにも書いてある当たり前の内容です。
この手の内容は検索すればすぐに出てきますから一通り目を通しておく必要があります。

しかし多くの人は手順通りということや、お辞儀の角度などを気にしすぎているのです。
面接は、武道の型やダンスなどの繰り返したものを再現して披露する場ではありません。
もちろんそれを求められる会社に就職するときには気をつけなければなりませんが
面接で一番重要視しているのは、あなたの内面です。

言葉や表情にあなたの内面が出てくることを面接官は知っていますから、
予想外の質問を投げかけて、あなたの内面を引き出してくることでしょう。

ですがあなたがやるべきことは決まっている、聞かれたことを自分の言葉で答えるだけと
自信を持って言葉にすることが大切です。

繕った姿を見せたところで面接官には何も伝わらず
白紙の手紙が届いたような感覚になりかねません。

社会人というのは、加減が大切です。
他サイトに書かれている手順や挨拶の角度も練習して実行したうえで
面接官の反応を見て、型を崩してみてください。

さいごに

この二つを組み合わせて、面接官の反応を見ながら
型を崩すことを恐れずにチャレンジしてみてください。

型破りな行動は人間の心にとても大きな影響を与えます。

人間が面白いと興味を持つ心理が働きあなたのことが心に残るでしょう。
印象に残ることと、最低限のマナーがあることさえ伝われば
仕事は現場で覚えるものです。見込みがあると判断され合格に近づくでしょう。

転職時の面接で一番大切なことは、経験と知識が一致していることよりも
社会人としての加減ができるかだとどうかです。何よりあなた自身を紹介するという
気持ちを忘れずに転職時の面接に挑んでみてください。