転職情報

あなたはなぜ転職しますか?みんなの転職理由を調べてみました!

はじめに

この記事では転職しようか悩んでいる、一歩が踏み出せない、離職率を減らすために転職者の意見が知りたい
または、面接時の転職理由探しに来られたあなたに読んでもらいたい内容になっています。

世間の皆さんがどんな思いで転職を決意したのか、自分ならこう思うなど気持ちを込めて読んでいただけると幸いです。

十人十色と言いますが様々な考えがあることを知るいい機会になればと思います。

転職理由とは

それは、現在と未来の間にある夢と希望と苦悩の様なものです。

例えば、

定時で帰れる職場で働いて、夕方には家族との時間を過ごしたいから。

これは残業ばかりで帰れずに家族の時間が作れなかったことがわかりますよね。

でも、家族のために思い切って転職し自由な時間を増やすことができた。

お客様一人一人に向き合える職場を求めていました。

これは営業目標が高すぎて顧客とゆっくり話ができない、次々に仕事をしないと
目標を達成できないからどうしても効率を求めてしまい機械的な対応になってしまう

しかし、ノルマや成績に縛られない一人一人に自分のすべてをぶつけて仕事ができる
やりがいのある職場を見つけることができたという人。

こんな風に「転職理由の裏側」に隠された本音をリサーチすることで

転職しようか悩んでいる人
一歩が踏み出せない人
離職率を減らしたい人事担当者
面接時の転職理由を探している人のヒントのヒントになればと思います。

転職する理由 本音と建前

  • 会社の将来が不安
  • ほかにやりたいことがある
  • 給与に不満がある
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 残業が多い・休日が少ない
  • 経験や知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 市場価値を上げたい
  • 社内評価に対して不満がある
  • 業界の行き先が不安
  • 人間関係が好ましくなかった
  • 病気やけがによるもの
  • ハラスメントを受けた
  • 結婚・妊娠
  • 働きたくない
  • ヘッドハンティング

ざっと上げていきましたが、このような理由が
一般的に多く語られる意見ということがわかりました。

さらに深堀して転職理由の裏側をリサーチしていきたいと思います。

転職理由の本音 具体的な不満や理想

会社の将来・業界の行き先が不安

倒産や合併、時代の進歩によって消えてしまう職種など環境が変わることを嫌がっているのでしょう。人間という生き物は本能的に変化を嫌いますからそう感じることもあるでしょう。

ほかにやりたいことがある・専門知識や技術を習得したい・経験や知識を積みたい・ヘッドハンティング

起業家や旅人の様な思考の持ち主です。このタイプは縛っておいても
いつの間にか縄をほどいて自分がやりたいこと・行きたい道をみつけて歩み続けるでしょう。
とてもポジティブな意見ですから公言しやすいかもしれませんね。

このタイプの人なら、ストイックな面も持ち合わせているでしょうから
既に公言していて自分の逃げ場をふさいでいる可能性もありますね!

給与に不満がある・市場価値を上げたい・社内評価に対して不満がある・働きたくない

このような不安は雇われている感覚が強くまじめな方ほど感じやすい転職理由です。
親身になって話を聞いたり、100円でも賞与があれば一時的には落ち着きます。
一対一(会社と本人)で仕事をさせてもらっているんだと感じられるとやりがいをもってくれる方が多いようです。

残業が多い・休日が少ない・UIターンしたい

これは、上記のようなまじめな方が感じやすい転職理由でもありますが、一つは職場環境が悪いです。労働組合があっても機能していないか、人事部の意向で人材を減らされているのでしょう。
続けていては、けがや病気になるんじゃないかと自分の体を心配して別の仕事の探し始めるようです。

人間関係が好ましくなかった・病気やけが・ハラスメントを受けた・結婚・妊娠

これらの理由はどれも我慢を続けた結果です。周りの人が注意して守ってあげなければいけません。
職場にはやめさせてはいけない人がいます。人間の役割というものは足りなくなれば
また新しい役割が割り振られ、別のだれかが居たことを忘れてしまうくらい円滑に動き出します。

ですが「居なくても回せる」と、安心することではないのです。
残された人たち1人1人に少しづつ負担が増えて忙しくなっているのです。
やめさせた代償か、人事部からの報復か、いずれにしても今いる人にたいして
職場にいる全員が親身であることが大切です。

なぜあなたは転職しますか?

ここでタイトルを振り返り質問です。なぜあなたは転職しますか?
即答できる方・考える方様々かと思います。

それは、ある程度自分のことを客観的に見えていてるかいないかです。
時には肩の力を抜いて、仕事を選んだり手を抜くことも大切です。
行儀よくまじめに生きていては、務まるものも務まりきらなくなってくるのです。

自分の転職理由の裏側をのぞき込めば新たな道が見つかるかもしれません。
転職という大きな一歩が踏み出せるあなたなら、自分の裏側にある新たな道への一歩を踏み出すことは簡単でしょう。

少し考えを巡らせて自分の心の中を探索してみてください。

さいごに

どんな方も経験する可能性がある転職です。思い切りよく転職をするもよし
考え込んで踏みとどまるもよし、人生の選択は尽きる事なく繰り返しやってきます。

大切なのはその時選んだ選択に対して、自分自身が本気になれるのか?

自問自答を繰り返してください。
裏側の気持ちにまで目を配ってください。

そうすれば後悔のない選択ができるのではないでしょうか。