面接・試験

転職時期で比較、中途採用でも失敗しない!1発合格する方法をまとめてみました。

はじめに

中途採用試験を受ける時、会社によって繁忙期、閑散期は様々です。
年度を目処に新卒の学生と一緒に入社試験を受ける方や3月や9月に受験する方もいます。

もし受験する時期によって合格する確率が変わるとすれば、、、
いい時期に受験できるように調整したいですよね。

今回は転職時期で差が出るのか、についてまとめてみました。

求人が増える時期とその理由

一般的に求人が増えるのは3月と9月です。
企業の上期・下期の始まりを迎える前に新卒・中途社員の入社を見込んで採用活動が始まるためです。

次に増える時期は6月です。4月に入社した社員が早期退職した場合や
夏のボーナスをもらってからやめる社員の補充などが理由

さらに10月には
夏季休暇中に友達同士で仕事の話をして「やりたいことがみつかった」
お盆で帰省中家族の都合で実家に帰って実家の近くで仕事がしたい、家業を継ぐためなど

このような理由で退職者が増えるので補充のため採用活動が活発化してきます。

年間を通して意外と応募はある

前項でも記載したように年間を通して各社様々な理由で何かしらの募集はかけているようです。

最も多いのは4月となりますがやはり中途採用で採用試験を受けるのであれば
ライバルも多くなることは予想できます。
若い方たちと一緒に入社1年目を過ごすことは、青春時代に戻ったようで若返りそうですが…(笑) 改め。楽しそうですが
まずは確実に採用試験を通るために、あえて時期を外すことも手段としては有効なのかもしれません。

ですが現実は、現職の仕事の進み具合やキリの良い時期を考えて
転職される方がほとんどでしょう、まずは何月に別の会社で再スタートしたいのか
ゴール地点を設定してからが就活のスタートだと思います。

結局いつがいいの?

その答えはあなたの生活に一番合った選択をすることです。

この記事に書かれていること自体は紛れもない真実ですが
果たしてそれがあなたの生活にどれだけ影響を与えることができるでしょうか?

何の影響もないでしょう。

だからこそ、一つの情報として心のどこかにとどめておいてください。
そしてまた別のサイトを読みそれもまた心のどこかにとどめてください。

そうしていく事で確かな情報が精査され積み重なり
間違えのない自分だけの答えを見つけることができるはずです。

先ずはゴール地点を決める事。
そこからあなたの就活がスタートします。

スタートラインに立ちました

ここまで読んでいただければ、ゴールを設定したということでしょう!できましたか?

今の職場のことや、次の職場のことを

 

シンキングタイムです。

 

 

 

 

 

そろそろスタートラインに立ちましたか?

さぁ!ここからは新しい人生の第一歩を踏み外さないためにも
ぬかりなく徹底的に就活していくために最適な転職時期を見つけるための内容です。

月で比較!企業が求めている人材とは

就活を始める目安は3か月前がいいと言われていますので、それを目安に自分に合った項目をご覧ください。

1~3月入社を希望する方

新しい年が始まり何かと新しいことを始めるにはいい時期です。

この時期は、冬のボーナスをもらって退職する人やお正月に家族で集まり家業を継ぐことになる人など
退職者が増える時期でもあり採用活動は活発になります。

新卒採用試験の準備も進む中で「中途採用」枠は早めに採用をスタートしたいと
早い段階で採用を開始する企業がある

中途採用者のなかにいい人材を発見した場合、4月入社に間に合わせるため短期間で内定を決断する可能性がある

この時期の後半は、会社により人事配置が決まっている企業がありますが
人事発表後の補充目的に採用が行われることがあるかもしれません。

転職者、新卒者が多いこの時期はライバルが多いということです。
専門職で経験が優遇されるような方であればこの時期でも採用されるかもしれません。

しかし一般職で経験優遇などがない職種の場合は、準備期間として別の時期を狙うことを検討するのもいいかもしれません。

4~6月入社を希望する方

企業はこの時期に新人教育をするので、求人は少なくなります。

ですが、入社前の辞退・入社後すぐに退社・採用計画のミスなど、
年度始まりの時期とは言え退職者が多いのがこの時期の特徴です。

採用希望者からするとむしろ穴場ともいえる状況ですのであきらめずに就活していきましょう。

前述したような状況であれば企業の採用意欲は高まっているでしょう
新人採用枠が開いていることが多いため未経験業種への挑戦はこの時期がねらい目です

新人研修が終わり担当者が解放され採用活動が再開されるのでねらい目

動き出したプロジェクトに年度初めから障害あり・・・とはなりたくないでしょうから
企業もこの時期だけは難なく乗り切るための人事基準を定めていることもあります。

即戦力になる人材を急募しているでしょうから
そういった方の転職にこの時期は向いているかもしれません。

7~9月入社を希望する方

新人研修が終わり配属された先で「思っていた内容と違う」「職場の人と合わない」など
新卒採用者の退職はこの時期まで落ち着きません。

また、企業としては年度初めから取り組んできているプロジェクトに欠員が出ないよう
退職者がいない場合でも、経験のある中途採用者や即戦力を目的に採用活動が再開します。

夏のボーナス支給後の退職者の補充として採用するケース

新人研修が終わり、中途採用へ本腰を入れ始めるのはこの時期です

夏に繁忙期となる業界は多く、人材不足の部署へ補充が間に合わなかった企業が駆け込みで採用活動をする場合があります

下期に向けて人員補充があるので狙い目です

採用活動再開と同時に求人が増えるので、前期よりも経験者・即戦力を求められる時期です。

落ち着きだしたプロジェクトに勢いをつけてくれるような人材が望まれている時期で
経験を生かしてスキルアップしたいという人に重要な役を任されるための
教育を受けられるポジションが用意されているかもしれません。

繁忙期に向けて企業も活気があるでしょうから、向上心を持っている方にはこの時期の転職がおすすめです。

10~12月入社を希望する方

下期が始まる前に、上期の反省を踏まえ社内会議があるでしょう。
そこで上がるのは前向きなプロジェクトの拡充案です。

下期はさらに業績を伸ばして行こうと、役員から部長、係長へと指示が出ます。
もちろん現場からはその熱意に答えるための人員補給要請の声が上がるでしょう。

さらに、年明けから就活しようとのんびりしている人が出てくるので転職希望者にとっても
あえてこの時期を攻めるメリットがあります。

社内会議でほぼ議題にあがる現場からの声は人材確保、下期に向けて大きな会議をした後なのでこの時期の採用活動は本気度が違います

年明け先行への移行期間で求人も受験者も減ってきますが、ライバルが減ったときこそねらい目です

年末年始は採用試験を行わない企業もあります、後半は準備期間にしましょう

さいごに

求人が増える3月9月を以外の採用試験は少人数で行うことがほとんどです。
ライバルが少ない時期に徹底的なリサーチで自信をもって就活し何事も後回しにしないことです。

難があろうと自分が決めたゴールに突き進むことに一身になりスピード重視で即決即断
できるくらいの準備をして置くと、採用試験でもその自信が役に立つかもしれません。