各種手続き

【主婦必読】103万円の壁、扶養と所得税についてまとめてみました。

はじめに

旦那さんは働いていて、妻はパートと子育てをしながらやりくりしている
しかしそこには、年収103万円の壁があり思うように働けないことがある。

今回は年収103万円の壁に関わる【扶養手当所得税】についてまとめてみました。

色々なパターンを考えて、どんな働き方が自分に合っているか
筆者なりにまとめてみましたのでご覧ください。

先ずは、ご存知のことと思いますが扶養手当と所得税について簡単に説明させていただきます。

扶養手当

日本ではほとんどの会社が行っている制度ですが、支払いの義務はなく会社によっては支給されない場合もあります。
同居の配偶者や子供がいる従業員に支払う手当のことで、金額もまた会社ごとに違います。

一部の調査によると従業員数が多いほど支払われる手当の金額も多くなる傾向にあるそうです。
このように、支払われる金額や条件が会社ごとに違うので、必ず会社から渡される規約などを確認しておきましょう。

所得税

103万円の壁とは所得税が大きく関係しています。

103万円以上から所得税の支払い義務が課せられることから「103万円の壁」と言われているわけですが、なぜ103万円なのか・・・

それは年末調整の際に何度も計算している人もいると思いますが、
基礎控除額+給与所得控除の金額を足した金額が103万円だからです。

所得から103万円を引いた金額に所得税が課せられるため103万円以上稼がないように、その壁を越えないようにと世間では関心が集まっているということです。

簡潔に伝えると103万円を超えないように働いた方がお得なんじゃないの?!
こんな風に世間では分かり易く伝わっているんですね。

扶養上限103万円パート 収入103万円のパターン

扶養手当 103万円以下で支給
パート収入 103万円以内

この条件で仕事探しをされている方が一番多いのかと思いますが、子育て世代で出社前に子供を園へ送り、仕事終わりに迎えに行く。

このような働き方をしているご家庭には一番現実的な時間帯で働くことができ、103万円の中で働ける丁度よい働き方となっています。

時給により前後しますが、毎日3~5時間のシフトでこのくらいの収入になりますので
このような働き方をしている方はとっても多いのではないでしょうか?

AM8時 子供を園へ送る
AM9時 出社する
AM9時~PM2時 3~5時間働いて、子供の迎え前に夕飯の買い出し
PM4時 子供の迎え後、自宅に帰る

子育てと家事を両立させるために必要な時間とお金を、バランスよく得ることができるパターンなので、選択されている方が多いのがこのパターンになります。

扶養上限130万円パート 収入130万円のパターン

こちらのパターンでは、扶養手当と社会保険に関して調べておかなければいけないことがあります。

会社により扶養対象者の月収が3か月連続で〇〇万円を超えた場合は返金を求める。などと規約に書かれている場合があります。
その場合扶養から外れないようにするにはパート収入を調整する必要がありますのでお気をつけください。

また、このパターンで次に心配なのは社会保険です。
年間で106万円以上稼ぎがある場合は次のような点に気をつけなければなりません。

  • 会社の従業員数が501人以上
  • 一週間当たりの所定労働時間が20時間以上
  • 雇用期間が1年以上(見込み)
  • 学生ではない
  • 一ヶ月の賃金が8.8万円以上

いずれかに当てはまっている場合には、社会保険に加入する義務があります。

一般的に年収150万円程度なければ社会保険や厚生年金の支払い分を上回ることができないので損と言われていますが、年金を受け取る金額が増えるので一概に損とは言い切れないのが130万円の壁の難しいところです。

ここまで収入を増やす場合には、控除額が変わったり税金が課税されたりしますので、
各家庭で税額や手当のことなども踏まえて一番効率的な働き方を検討する必要があるでしょう。

150万円の壁

平成30年分から配偶者特別控除の枠が103万円から150万円に拡充されました。

控除の枠が増えて嬉しい内容かと感じてしまいますがこちらも注意が必要です。
150万円稼ぐということは、扶養手当からはずれ、所得税を支払い、厚生年金や社会保険に加入しなければならなくなるからです。

先ほど述べたように年金の受取金額などに差が出るため一概に損得がはっきりしませんが103万円までのメリットとして社会保険料の負担がないこと、所得税が非課税になること
配偶者が配偶者控除を受けられるため所得税の節税になるというメリットがありました。

150万円稼ぐということで、配偶者特別控除は受けられますが
所得税の支払いと厚生年金や社会保険へ加入が必要になり

その支払い額は年間で約20万円となりますので収入が増えた分は保険などの支払いでなくなってしまい働き損と感じる方もいるのではないでしょうか?

収入を増やして行きたい場合には、配偶者特別控除の控除額が少なくなってしまいますが
150万円以降段階的に減っていき201万円でなくなってしまう配偶者特別控除の金額を気にしながら働く日数などを調整していく必要があるのかもしれません。

さいごに

今回紹介した内容を分かり易く箇条書きにまとめました。

  • 103万の壁
    配偶者控除が適用されるので所得税の節税になる
    社会保険料の負担なし
    所得税非課税
  • 130万の壁
    配偶者控除が適用されるので所得税の節税になる
    社会保険料の負担なし
  • 150万の壁
    配偶者控除が適用されるので所得税の節税になる
  • 201万円の壁
    控除額の減額
    住民税
    社会保険料の支払い

所得が増えることで控除などが受けれなくなっていくため、201万円の壁では3つの負担が重なってきます。

ここまでくればしっかりと働きたいという意思もあると思いますが、計画を立てた働き方が必要になってくる微妙な収入なのかも知れない。