コラム

会社を辞める時に気をつけたい、退職時のマナーをまとめてみました。

はじめに

今までお世話になった会社や同僚へどんな風に退職の意を伝えればいいか、とても悩ましいことだと思います。

周りの人へ気を配りたいのに会社からは書類の提出・現職の仕上げ作業の追い込み・次の職場からは書類を求められたり、試験の勉強をしないといけなかったりと、
退職時は、想像以上に忙しくなりやりたいことができない大変な時期です。

今回は、退職時の手続きや準備しなければいけないことについてまとめていきますので、あらかじめ準備できるよう、自分の退職と照らし合わせて準備を進めていただければと思います。

法律の観点から見る退職

退職したいと会社に伝えるなら遅くても退社予定日の2週間前までには、必ず伝えるようにしましょう。

法律上2週間前に伝えておくことで双方に過失なく退職することができると定義づけされています。

就業規則などで特別な取り決めがある場合に、会社から「もっと早く伝えてほしかった」「伝えるのが遅かったのであと1か月は残ってほしい」といわれることがあるかもしれませんが、
実際は、法律で定められているものが、優先されるので就業規則では法律が定めた2週間という期間をもとに考えて行動しましょう。

強引に引き止められるようなことをされることは滅多にないと思いますが、もし何かあってもこのことを覚えておけば対処できるかと思いますので記憶の片隅で覚えておいて損はないでしょう。

円満退職するためには

先ほどは法律の観点から見た退職に対する内容でしたが、いざ2週間前に事を起こしては自分にも周りにも大変な迷惑が掛かってしまうでしょう。

先ずは1ヶ月以上前から同僚か部長などに退職することを伝えて、いろいろなことを一人で決めずに相談して決めて行けると良いでしょう。

職場全体へ伝える時期や今担当している仕事のキリが着いたらなど、上司に確認した方が会社の意向や組織の意向を組んだタイミングを考えられると思います。
後で揉めることもなく、円満に辞められる方法を提示してくれる可能性が高いので

1人で決めず、相談して決めて行くとよいでしょう。
相談することによって、自分も相手も心残りを減らせるタイミングが作れます。

本当にすっきりとお互いに気持ちよく退職するためには、時間をかけてゆっくりと準備ができると
わだかまりを残さず、付き合いのあった方から快く送り出してもらえる退職になるのではないでしょうか。

職場のためにやるべきこと

もちろんゆっくりと時間をかけることは円満退職にとって必要なことではありますが、それだけでは円満とは言えません。

社会人としてあなたがその会社にいたということは、あなたが居なくなると回らなくなる仕事があるはずです。
そんなことがあっては残された方へ迷惑が掛かってしまいますから、あなたのやり方や、独自の技術を次の方へ引継ぐ作業を退職を伝えた後の1ヶ月間にしておかなければいけません。

ほかにも仕事で使う備品など支給されたものは基本的には返します。
頂いたものであれば同僚に使ってもらうなどしておきましょう。

あなたが居なくなった後のことまで考えて、残せるものは少しでも多く、持っていくものは少なくすることが円満退職するためには大切です。

転職時は提出書類が多い

退職時には会社に提出しなければいけない書類があり、入社時に結んだ契約を解約したり、退職金の振込先を伝えるために印鑑や通帳を用意したり、年金手帳を返してもらったり、会社によってはアンケートなど、さまざまな手続きがあります。

しかし、次の職場へ履歴書を提出したり、試験があればもちろん勉強もしなければなりません。

何かとややこしい書類に囲まれるのが転職です。印鑑や通帳など必要なものをまとめておくとスムーズに手続きが進められるので
予め必要な書類などを集めておくようにしましょう。

退職願・退職届・辞表の書き方

それぞれ違う意味を持っていますので簡単に説明していきます。どれも文字通りの意味となっていて分かり易いのですが一度確認の意味も込めて記載します。

  • 退職願
    まだ退職することを会社に認められておらず、退職させてくださいとお願いする場合に使います。
  • 退職届
    会社が退職を認めたあとに提出する書類となります。口頭で済むことですが書面に残しておくことで退職するという事実を残しておけます。
    もし、聞いていないなどと話を戻され引き止められることがあっても退職届を出していればスムーズに手続きを進められるでしょう。
  • 辞表
    役職を持っている従業員、経営陣、公務員の場合は退職届のことを辞表と表現する。

ハローワークに通う場合

退職後すぐに次の職場への就職が決まっていない場合は、雇用保険に加入していれば失業保険がもらえます。

退職の手続きをする際にハローワークへ提出する書類も貰えるように会社へ伝えて手続きを進めておきましょう。

失業保険を受け取るために、前職場からもっておかなければいけない必要書類

  • 雇用保険被保険者離職票
  • マイナンバーカード ※マイナンバーカードがない場合は通知カード、マイナンバーの記載がある住民票、運転免許証、年金手帳など
  • 証明写真(縦3cm×横2.5cm)2枚
  • 本人の印鑑
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

退職後もお付き合いを続けるために

立つ鳥跡を濁さずという言葉がありますが、どれだけ綺麗に退職できたとしてもそれっきり顔も出さず、連絡もしなければ
残された元同僚は少し寂しい気持ちになってしまいます。

退職した後は無理につながりを作る必要はありませんが、何かのタイミングを探して自分から会社へ挨拶へ行ったり電話をしてみると意外な歓迎ムードがあったりします。

在籍していた時のように同じ仕事の話ができない分、今までとは違った新しいお付き合いに発展する何かの転機になることもあるかもしれません。

まずは近況を報告をして、おかげさまで新しい生活でも頑張れていますと気持ちよく挨拶をしに行くことが円満退職においては大切な行動です。

さいごに

社会人になると中々まとまった休みをとることが難しくなってきます。
ですが、転職時には引っ越しや年休消化などを理由に休みを貰える日がいくつかあると思います。

給与をもらいながらお休みできる貴重な期間にしっかりとリフレッシュして
新生活に向けていろいろな準備をしていってほしいですね。